講習会とシンポジウムと林業体験イベント

夏から秋にかけて木材や林業をテーマとしたイベントがありました。
まずは8月23日に千葉市文化センターにて開催された
「県産木材まるごと建築百科」です。
主催はJIA日本建築家協会、県産材の有効活用をテーマとした講習会です。


会場の入り口には県産材を使用した住宅用の設備品などが展示されていました。


千葉県南部地方でよく見られる馬刀葉椎(マテバシイ)を使用した商品など
今後の展開が楽しみな展示です


川上側である森林組合が、千葉県内の森林について現状を伝え、また今後の課題や建築材の流通を太くする為にどういった協力が必要かなどを北部支所の磯部支所長が講演をしました。



その後各企業より中大規模木造建築のノウハウを交えた講演に続きました。


会場に来ていただいた方は熱心に聞き入っていて勉強会に近い雰囲気でした。

JIA日本建築家協会

 

続きまして、
森林組合が事務局をつとめる「ちばの木づかい協議会」として参加している千葉県木材利用ネットワーク(もくネットちば)が主催のイベント「木材利用シンポジウムin千葉」が11月26日に千葉市民会館にて開催されました。


今年度より始まった森林環境譲与税を踏まえた木材利用について
各業界からの講演をメインとしたシンポジウム。


会場入り口では杉板のチーバくんがお出迎え。
会場に入るとたくさんの人で賑わっていました。


千葉県は木材の消費が多い県でもありますが、こういったイベントで少しづつ供給する事ができる県という認識を広げて行きたいです。

続きます。。

これからのイベントとしてのご案内ですが、12月1日に千葉県森林組合として参加するイベント「木づかいプロジェクト」がイオンモール柏にて開催されます。


キッズ本格おしごと体験コーナーにて林業を身近に体験出来ます。


木にまつわるイベントです。是非ご参加下さい。

イオンモール柏イベント案内

 

 

woodコレクション(モクコレ)2019

1月29・30日に東京都主催のイベント「モクコレ2019」が
国際展示場にて開催されました。
このイベントはその名の通り木材関連のイベントで
全国の木材に関連する事業者約308社が出展します。
今回は森林組合が事務局を務める「ちばの木づかい協議会」として
初の出展です

会場入り口の看板

各県単位での出展という事で千葉県ブースでは
木材振興協会さんが取り纏めながら各出展業者さんと打合せを重ね
ひとつの空間で各商品を効果的に配置しました。

千葉県ブースです。
木材を効率良く再構築しながらデザインも素敵な商品、
地中に森をつくる木や、
立派に生まれ変わった木、
またストーリーが感じられるデザインや、
暖かい印象を持つ商品、
木の持つ特性を理解し見事に生まれ変わった商品や、ちばの木の歴史に重きを置いた展示や商品
ちばの木をどんどん発信する勢いのある商品
などなど魅力的なものがいっぱいです。

そして協議会の商品は

木の枝をスライスしたものを板に敷き詰め樹脂でコーティング。
この作品は「山の記憶」というテーマで制作をしました。
木材が持つ記憶は長い年月を過ごした山の様々な風景。
ゆったりとした時間の流れや様々な枝からなる表情を楽しんで
ちばの森林の記憶に触れて頂きたいです。

他県の展示品散策。



あらためて木の持つ様々な表情は素敵だなと再確認。
とても収穫の多いイベントでした。

ちーばくんも大満足です。

安全パトロールと森林バスツアー

年の瀬を迎え、今年もあとわずかになりました。
森林組合の仕事も繁忙期に入り、これから来春までは慌ただしい
日々となります。
忙しい中で特に気を付けないといけないのは労働災害です。
現場に従事している職員の労働災害を防止し安全対策及び労働環境の改善を
目的とした安全パトロールを実施しました。

組合長や専務理事自らパトロールの先頭に立ち4支所事業所の
各現場を巡回し、災害の未然防止に努めました。
こういった活動を通して現場職員の安全意識が向上し、
災害が少なくなる事を願っています。

野田市にある、ちばの木づかい協議会員でもある
協定工務店グッドリビングさんが主催の「森林バスツアー」が開催されました。

このツアーは、千葉県産材を使った家づくりを通して、

森林を身近に感じて頂く事と、森林づくりに少しでも関わって頂き、
森林の大切さを実感して頂く事を目的としています。

まずは現地で山の概要説明や道具などの説明をし、
実際に木を伐倒するシーンを安全な場所から鑑賞します。

木が倒れる瞬間はなかなか見れる機会がないので
皆さん大興奮で、拍手喝采。
その後倒れた木の元に行き、切株の説明などをしました。


場所は変わり、植栽をして造林している現場での植栽体験です。
植栽の方法を説明し自分が植えた苗に印をつけました。


毎年恒例の行事なので次回にどれだけ成長したのかを確認する事が出来ます。


森林づくりや、林業の発展に寄与するこのような活動を今後も促進して
いきますので興味のある方はいつでもご連絡下さい。

 

 

アクアラインマラソンコースター

10月21日(日)にちばアクアラインマラソン2018が行われました。

このマラソンはその名の通り、千葉と神奈川を結ぶアクアラインをコースに行われます。参加希望者は応募多数の為、抽選が行われました。

その参加者に配布される参加賞のひとつに千葉県産サンブスギのコースターがありました。このコースターはアクアラインマラソン実行委員会からの委託を受け森林組合で制作しました。

サンブスギ林の森林整備にて搬出される小径材を山二建具さんへ依頼しコースターに、そしてアクアラインマラソンのロゴを焼印しました。

サンブスギの説明文もしっかりと記入しました。

こういったところで千葉県の森林や千葉県から搬出される木材を
身近に感じていただき、千葉県の森林にすこしでも関心をもっていただければ
今よりもっと状況も変わってくると思います。

今後もこのような活動を通して県産材の普及に努めたいと思います。

 

ちばの木を使った床板材

先日、協定工務店さんの建築現場へ、床板材の納品へ行ってきました。

この家は構造材・床材とでちばの木を使用して頂いています。完成後には改めて「ちばの木づかい協議会HP」にて完成見学会の記事で紹介したいと思いますが、今回は納品編としてご紹介したいと思います。

 

 

 

この床材はこの森林から搬出しました。
千葉県の森林は良質な材の比率が低い中でも、部分的な使用や大量消費に関わらなければしっかりと対応出来る森林だと思います。(県産県消)(千育千活)


その他の搬出材の状況です。
その後
搬出された材を運搬し

 

 

 

 

 

 

 

協定を結んでいる製材屋さんで製材をお願いします。

床板用にモルダー加工を施し、

床板が完成しました。
今回の床板サイズは、長さ約4m,幅が18cm,厚みは3cm。
厚みが3cmあると防音防湿などの面での安心感も増しますので特におすすめしています。
そして何よりの無垢材のいいところは、経年変化の風合いです。

この床は約5年前に納品したもの。
程よく使い古されていて味わいのある表情が出てきました。
この味わいは今後もずっと続くことでしょう。

千葉県森林組合がプロデュースする
規格住宅「ちばの木の家」HP