第42回全国育樹祭(林業機械展)東京都あきる野市

東京都が主催の第42回全国育樹祭の記念行事として
「森林・林業・環境機械展示実演会」が
東京のあきる野市にて行われ、
見学に行ってきました。

国内、海外の林業に携わる機械メーカーが最新の機械を紹介したり商談をする展示会で今回も様々な機械や器具が展示されていました

会場の真ん中には
立派なシンボルツリーのメタセコイヤ並木が圧巻。


全国的に木質バイオマス発電での木材需要が高まる中、
破砕メーカーも最新の機械を展示していました


その他木材を搬出、運搬する機械や、


立木を伐倒、枝払い、玉切りなどをこなすハーベスタヘッドの
最新の性能を備えたものなどが主に展示されていました。


そして今回の見学の目的でもあった日立建機と提携しているハーベスタヘッド
「waratah」の現地オペレーターとして当組合の職員が操作をしていました。
この「waratah」のシステムは通常の作業の他、バリューバッキングという採材のシステムが
搭載されておりリアルタイムでの木材需要情報を取得し、
高い効率を導いてくれます。

 
その他、山に向かう際の作業車や、


チェンソーメーカーなど、一日では回りきれない程のボリュームです。


出入り口付近ではチェンソーの歴史の展示が行われていて
昭和初期からのチェンソーの変遷が分かるように展示されていました。


ここまで遡るとどういう風に操作するのかも分かりません。


林業の歴史を学び、感じながら、


現在最新である現在の林業も100年、200年後はこういったかたちで
紹介されるのかもしれません。


メタセコイヤ並木の印象が強烈に残りましたが、
とても有意義な時間を過ごせました。
来年は沖縄で開催されるそうです。

山の不思議~尾根の大岩~と山の眺望

大多喜町のとある森林の尾根にて。
大きな岩を発見しました!

 

地元の人に聞くと昔は岩やそうそうに動かないものを境界としていたようです。この岩ももしかしたらそんな役目をしているのかもしれません。
それにしても、この岩はどうやってここに来たのか。まわりには岩らしいものはありません。どこからか飛んできたのでしょうか。
山の不思議・・・ですね!

 

その近くからの山の眺望。

こんな風景を目の当たりにすると、山仕事の疲れが和らぎます。

 

そして夏がやってきます。

木について


昨年、都内で行われたある講演会を聴講しました。森林や木材を身近に感じるとリラックスして心が落ち着いたりするのですが、その反応は人間が本来持っている生体反応という事を科学的に解明した方々の講演でした。もともと森林などの自然のなかで永い間生活を営んでいた人類が、産業革命以降の都市化された現代の人工的な環境では知らず知らずの内にストレス状態に陥っているようです。つまり遺伝子レベルでの故郷が森林であり沢山の自然に囲まれた環境であるという事です。

 

 現在、森林組合で働いている方のなかには都市部で働いていたが環境を変えて林業を志す方も多数おりますがまさにこういうことなのかなと思いました。

また木の香りを嗅ぐ時、木を見たとき、木に触れる時でも同様でストレスホルモンが減少し、脳や体も生理的リラックス効果が得られ免疫などの機能も向上することがわかりました。

こういった情報を多くのかたに発信し、木の家に住むということ、森林を身近に感じて頂ける活動を推進して行こうと改めて思いました。

千葉大学環境健康フィールド科学センター
自然セラピープロジェクト

千葉県森林組合HP

森林組合のホームページをリニューアル致しました。
森林組合って何?、どういう団体?という方が多くおられます。農協や漁協ほど大きな組織ではないので無理もありません。また千葉県の林業は全国で下位に位置し産業の規模も小さいのでなおさらです。

今後はこのホームページにて様々な情報を発信して組合員を含めた皆様に森林組合を知って頂けたらと思っています。