講習会とシンポジウムと林業体験イベント

夏から秋にかけて木材や林業をテーマとしたイベントがありました。
まずは8月23日に千葉市文化センターにて開催された
「県産木材まるごと建築百科」です。
主催はJIA日本建築家協会、県産材の有効活用をテーマとした講習会です。


会場の入り口には県産材を使用した住宅用の設備品などが展示されていました。


千葉県南部地方でよく見られる馬刀葉椎(マテバシイ)を使用した商品など
今後の展開が楽しみな展示です


川上側である森林組合が、千葉県内の森林について現状を伝え、また今後の課題や建築材の流通を太くする為にどういった協力が必要かなどを北部支所の磯部支所長が講演をしました。



その後各企業より中大規模木造建築のノウハウを交えた講演に続きました。


会場に来ていただいた方は熱心に聞き入っていて勉強会に近い雰囲気でした。

JIA日本建築家協会

 

続きまして、
森林組合が事務局をつとめる「ちばの木づかい協議会」として参加している千葉県木材利用ネットワーク(もくネットちば)が主催のイベント「木材利用シンポジウムin千葉」が11月26日に千葉市民会館にて開催されました。


今年度より始まった森林環境譲与税を踏まえた木材利用について
各業界からの講演をメインとしたシンポジウム。


会場入り口では杉板のチーバくんがお出迎え。
会場に入るとたくさんの人で賑わっていました。


千葉県は木材の消費が多い県でもありますが、こういったイベントで少しづつ供給する事ができる県という認識を広げて行きたいです。

続きます。。

これからのイベントとしてのご案内ですが、12月1日に千葉県森林組合として参加するイベント「木づかいプロジェクト」がイオンモール柏にて開催されます。


キッズ本格おしごと体験コーナーにて林業を身近に体験出来ます。


木にまつわるイベントです。是非ご参加下さい。

イオンモール柏イベント案内

 

 

sora:shareについての現地見学会

近年、ドローンの普及が加速しています。それにともないドローンを飛行させるエリアについてはいろいろな諸問題が出始めています。
もともと空中権という権利が土地所有者にはあるようで、そういった問題を解決するために株式会社ドルビズオンが“空をシェアする「sora:share」”を立ち上げました。

その内容を理解・把握するために組合の所有する森林にてドローンを飛行させる実験と見学会を行いました。

DJI社のMavic2というドローンです。
搭載されているカメラの映像を携帯アプリでリアルタイムで確認出来ます。



ドローン内蔵カメラが撮影した画像は以下になります。
超高画質画像だったのですが掲載する都合もあり大分落としてあります。


企業のドローン研修で使用する場合を想定すると近くにトイレや駐車場などの施設があったほうが便利だなと思います。
需要の勢いが強い産業ではこういった権利などの大事な部分が後手になる事があります。今後はとても重要な事だと思いました。

千森組の薪

「千森組の薪」とは千葉県森林組合が生産する薪の事。
計画的に森林整備を行い、その森林から搬出された材にて生産しています。

針葉樹のスギの薪は火を起こす際の焚き付け易さに優れています。
また不定期ではありますがその他広葉樹なども在庫しています。

最近のキャンプブームなどの影響で大きな単位での注文もありますので
入用の際は早めにお声かけ頂くととても嬉しいです。

また千葉県内のホームセンターでのお取扱いもしていますので
お問い合わせ下さい。

詳しくはトピックスの薪ページをご覧ください。
お待ちしています。

 

山のアート

2月に入り雪の少ない千葉県でもちらほらと雪の降る日がありました。
県内北部地域では高性能林業機械を使用した列状間伐のエリアがあります。



積雪エリアと積もらないエリアがはっきりと分かれていて
白と茶色のストライプが出来上がってとても綺麗です。
人工的な物と自然の現象とのコラボレーション。
その他綺麗な山の風景を掲載します。





普段山に入って仕事をこなしていると突然ハッとした風景に出逢います。
そんな風景も山がもつ魅力です。

最後に九州の宮崎地方にて試験的に植えたスギ林がまるでミステリーサークルのようでTVなどでも話題になっていました。


もともとは植栽密度と樹高成長との関連を調べる試験林でしたが
今回様々なメディアで取り上げられ、今後は観光資源としての整備も
視野にいれているようです。
この中心地から木を見上げるとどのような風景がひろがっているのか、興味をそそられます。

woodコレクション(モクコレ)2019

1月29・30日に東京都主催のイベント「モクコレ2019」が
国際展示場にて開催されました。
このイベントはその名の通り木材関連のイベントで
全国の木材に関連する事業者約308社が出展します。
今回は森林組合が事務局を務める「ちばの木づかい協議会」として
初の出展です

会場入り口の看板

各県単位での出展という事で千葉県ブースでは
木材振興協会さんが取り纏めながら各出展業者さんと打合せを重ね
ひとつの空間で各商品を効果的に配置しました。

千葉県ブースです。
木材を効率良く再構築しながらデザインも素敵な商品、
地中に森をつくる木や、
立派に生まれ変わった木、
またストーリーが感じられるデザインや、
暖かい印象を持つ商品、
木の持つ特性を理解し見事に生まれ変わった商品や、ちばの木の歴史に重きを置いた展示や商品
ちばの木をどんどん発信する勢いのある商品
などなど魅力的なものがいっぱいです。

そして協議会の商品は

木の枝をスライスしたものを板に敷き詰め樹脂でコーティング。
この作品は「山の記憶」というテーマで制作をしました。
木材が持つ記憶は長い年月を過ごした山の様々な風景。
ゆったりとした時間の流れや様々な枝からなる表情を楽しんで
ちばの森林の記憶に触れて頂きたいです。

他県の展示品散策。



あらためて木の持つ様々な表情は素敵だなと再確認。
とても収穫の多いイベントでした。

ちーばくんも大満足です。

安全パトロールと森林バスツアー

年の瀬を迎え、今年もあとわずかになりました。
森林組合の仕事も繁忙期に入り、これから来春までは慌ただしい
日々となります。
忙しい中で特に気を付けないといけないのは労働災害です。
現場に従事している職員の労働災害を防止し安全対策及び労働環境の改善を
目的とした安全パトロールを実施しました。

組合長や専務理事自らパトロールの先頭に立ち4支所事業所の
各現場を巡回し、災害の未然防止に努めました。
こういった活動を通して現場職員の安全意識が向上し、
災害が少なくなる事を願っています。

野田市にある、ちばの木づかい協議会員でもある
協定工務店グッドリビングさんが主催の「森林バスツアー」が開催されました。

このツアーは、千葉県産材を使った家づくりを通して、

森林を身近に感じて頂く事と、森林づくりに少しでも関わって頂き、
森林の大切さを実感して頂く事を目的としています。

まずは現地で山の概要説明や道具などの説明をし、
実際に木を伐倒するシーンを安全な場所から鑑賞します。

木が倒れる瞬間はなかなか見れる機会がないので
皆さん大興奮で、拍手喝采。
その後倒れた木の元に行き、切株の説明などをしました。


場所は変わり、植栽をして造林している現場での植栽体験です。
植栽の方法を説明し自分が植えた苗に印をつけました。


毎年恒例の行事なので次回にどれだけ成長したのかを確認する事が出来ます。


森林づくりや、林業の発展に寄与するこのような活動を今後も促進して
いきますので興味のある方はいつでもご連絡下さい。

 

 

第42回全国育樹祭(林業機械展)東京都あきる野市

東京都が主催の第42回全国育樹祭の記念行事として
「森林・林業・環境機械展示実演会」が
東京のあきる野市にて行われ、
見学に行ってきました。

国内、海外の林業に携わる機械メーカーが最新の機械を紹介したり商談をする展示会で今回も様々な機械や器具が展示されていました

会場の真ん中には
立派なシンボルツリーのメタセコイヤ並木が圧巻。


全国的に木質バイオマス発電での木材需要が高まる中、
破砕メーカーも最新の機械を展示していました


その他木材を搬出、運搬する機械や、


立木を伐倒、枝払い、玉切りなどをこなすハーベスタヘッドの
最新の性能を備えたものなどが主に展示されていました。


そして今回の見学の目的でもあった日立建機と提携しているハーベスタヘッド
「waratah」の現地オペレーターとして当組合の職員が操作をしていました。
この「waratah」のシステムは通常の作業の他、バリューバッキングという採材のシステムが
搭載されておりリアルタイムでの木材需要情報を取得し、
高い効率を導いてくれます。

 
その他、山に向かう際の作業車や、


チェンソーメーカーなど、一日では回りきれない程のボリュームです。


出入り口付近ではチェンソーの歴史の展示が行われていて
昭和初期からのチェンソーの変遷が分かるように展示されていました。


ここまで遡るとどういう風に操作するのかも分かりません。


林業の歴史を学び、感じながら、


現在最新である現在の林業も100年、200年後はこういったかたちで
紹介されるのかもしれません。


メタセコイヤ並木の印象が強烈に残りましたが、
とても有意義な時間を過ごせました。
来年は沖縄で開催されるそうです。

アクアラインマラソンコースター

10月21日(日)にちばアクアラインマラソン2018が行われました。

このマラソンはその名の通り、千葉と神奈川を結ぶアクアラインをコースに行われます。参加希望者は応募多数の為、抽選が行われました。

その参加者に配布される参加賞のひとつに千葉県産サンブスギのコースターがありました。このコースターはアクアラインマラソン実行委員会からの委託を受け森林組合で制作しました。

サンブスギ林の森林整備にて搬出される小径材を山二建具さんへ依頼しコースターに、そしてアクアラインマラソンのロゴを焼印しました。

サンブスギの説明文もしっかりと記入しました。

こういったところで千葉県の森林や千葉県から搬出される木材を
身近に感じていただき、千葉県の森林にすこしでも関心をもっていただければ
今よりもっと状況も変わってくると思います。

今後もこのような活動を通して県産材の普及に努めたいと思います。

 

総代会が開催されました


9月27日に、千葉県森林組合の第12回通常総代会が開催されました。
総代会とは株式会社でいうところの株主総会にあたる会で、
組合員の代表者である総代を一同に会して、
事業の報告や事業計画等を提案し、承認を頂き
今後の組合運営の方針などが決定されるとても重要な会となります。


また関係機関の来賓者にも出席頂き、
その中から何名かの来賓者の方からご祝辞を頂きます。
こういった会での組合員の皆様のご意見を大切にし
今後の森林整備などに生かしていけたらと思いました。

支障木の伐採(特殊伐採)について

街で見かけたある風景

大きくなりすぎて電線にからんでしまっている木々たち。
こうなってしまってから木を伐採するとなると
だいぶ費用もかさんでしまいます。

電線の養生、通行者への安全対策、クレーン車のレンタル等、
また道路の使用許可や生活道路の場合は地域住民への周知など、
木がおおきくなればなるほど、事が大きくなります。
ここの場所もかなり大きな木になってしまっています。

千葉県森林組合ではこうなってしまった伐採も、こうなる前の伐採も、
様々なパターンを想定し伐採方法の提案を致します。
以下の写真は森林組合施工現場の写真です。

作業前 たくさんの枝の張ったイチョウの木

作業中 ラフタークレーンが入れる場所は作業効率も良くなります。

完成写真です。この裏側には大きな御神木があるので
風よけとしてある程度の枝は残して完了です。

ここの現場はロープクライミング技術を使った伐採作業です。

枝を下ろし、上から慎重に丈詰め作業をして完了です。

落葉が始まるこれからの時期は特殊伐採に最適な時期となりますので、
このような事でお困りの方はいつでも
各支所・事業所にご連絡下さい。
お待ちしております。

各支所・事業所ご連絡先